田舎暮らしを古民家の格安物件賃貸で開始した超忙しい田舎暮らしとは?

田舎暮らし 格安物件 // 古民家 賃貸 // 田舎暮らし 賃貸 // 田舎暮らし 家庭菜園 // 神奈川県三浦半島

「スポンサーリンク」
   

 

 

2016年2月7日

田舎暮らし格安物件の古民家賃貸でのんびり過ごせるプチヒント

何故、田舎暮らし格安物件の古民家賃貸で田舎暮らしを始めたのかを思い起こして見よう

田舎暮らしを始めた理由

1.都会暮らしでの人付き合いがわずらわしくなったから。
2.都会暮らしでの自治会の役員とか、住人全員でやるU字溝の掃除などがわずらわしくなったから。
3.都会生活での周囲の騒音にストレスを感じる様になったから。
4.田舎で家庭菜園をやりたくなったから。
この他にも田舎暮らし格安物件の古民家賃貸で田舎暮らしを始めた理由はいっぱい有るはずです。

のんびり出来ない現在の田舎暮らしの状況

1.田舎暮らしを始めた村の自治会の役員をしている。
2.自治会以外のいろんな組の活動に参加している。
3.春、夏、秋の日曜日、村人と一緒にエンジン付きの刈り払い機をぶん回して、村道の草刈りをしている。
4.家庭菜園は近所の農家の手ほどきを受けながら、化学肥料と農薬をぶん撒いている。

【検証結果】 こんな田舎暮らしをしているのでは、何のために田舎暮らしを始めたのかが、全く無視された状況になっている。
こんな田舎暮らしの仕方では、都会へ戻った方がよっぽどましである。


田舎暮らし格安物件の古民家賃貸でのんびり過ごせるプチヒント

1.田舎暮らしでは、自分にぴったり合った人に巡り合うまでは、安易に他人と付き合わないこと。
2.昔からの住人ではないので、自治会に入ったり、組の活動に参加するのであれば、本当にのんびりできるものかどうかを、充分見極めて参加しなければ、何のために田舎暮らしを始めたのか分からなくなってしまう。
3.家庭菜園は自分や家族が食べる野菜を作るためにするのであって、販売するために作るのではないので、農家の手ほどきなど不要。
また、家庭菜園は無農薬で有機栽培でなければ、スーパーで購入した方が手間も省けて良い。
無農薬で有機栽培の家庭菜園は、本などを見れば意外と簡単に出来るし、頭も使い、身体も適度に使うので、田舎暮らしでは最も取り組まなければいけない重要な仕事の様なものである。

田舎暮らし格安物件に咲く白梅

田舎暮らし格安物件なら古民家でも土地(山林・竹林)でも賃貸でも役立つブログ記事&HP集